A-FACTORY・あおもり旬味館・青森ラビナ・弘前アプリーズ(公式)[株式会社 JR東日本青森商業開発]

メニュー開閉

JRE-ABC 会社概要

社長挨拶

(株)JR東日本青森商業開発は、青森発の新たなビジネスモデルの構築及び青森エリアの活性化を目的として、2010年5月に設立された会社です。

第一幕として、JR東日本グループが進める「地域再発見プロジェクト」の具体的な取組みの実現のため、2010年12月に、青森ウォーターフロントにおいて、青森県産りんごをシードル・ジュース等の各種飲料に加工する工房と、青森県産の食材を楽しめる市場として、「A-FACTORY」をオープンしました。
第二幕では、2011年4月に、青森エリアにおける更なる地域密着経営を目指してJR東日本グループ会社の再編を行い、「A-FACTORY」に加えて、青森駅ショッピングセンター「ラビナ」、弘前駅ショッピングセンター「アプリーズ」、新青森駅の商業施設「旬味館」の4館を一体で運営するエリアマネジメント会社として新たにスタートしました。

JR東日本グループでは、2012年10月に、「グループ経営構想V~限りなき前進~」を発表しました。コンセプトワードを「地域に生きる。世界に伸びる」とし、重要な柱「変わらぬ使命」の中で、「地域との連携強化」を謳っています。大規模ターミナル駅や東京圏ネットワーク、地方中核駅を舞台に、駅周辺の街と一体となった開発・事業展開を進める「駅を中心とした魅力あるまちづくり」を推進していくなど、JR東日本グループとして地域に根ざした経営を行うことを宣言しています。

私たちは、このグループ経営構想Vの理念に基づき、地域と共に知恵を絞る「共創」戦略のもと、地域・地元の活性化のために何ができるかを自ら考え行動することで、常に創造的な活動を続けていきます。また、当社が取り組む「地域づくり」「モノづくり」「ヒトづくり」を通じて、その先に続く未来の架け橋となり、地域と共に成長・発展していきます。

代表取締役社長 大内 卓

株式会社 JR東日本青森商業開発について

社名 株式会社JR東日本青森商業開発
所在地 〒038-8555 青森県青森市柳川1-2-3
代表者 代表取締役社長 大内 卓
資本金 280百万円
株主 東日本旅客鉄道株式会社
仙台ターミナルビル株式会社
秋田ステーションビル株式会社
電話 017-734-1211
FAX 017-734-3298
事業内容 駅ビル業、酒類・飲料の製造業、飲食店・物販店の運営、駐車場業
運営施設 青森駅ビル・ラビナ、A-FACTORY、新青森駅ビル・あおもり旬味館、弘前駅ビル・アプリーズ

事業内容

  • JR東日本が進める「地域再発見プロジェクト」の一環として、青森ウォーターフロントにおいて、青森県産りんごをシードル・ジュース等各種飲料に加工する「工房」と、青森県産の様々な食材が 楽しめる物販・飲食一体型の「市場」の開発運営を進めます。
  • 上記施設の運営を通じて、地産商品の掘り起こしや観光資源の発掘を行い、新たな事業機会の創出や、地域に根ざした事業展開を行うことで、青森エリアの活性化に貢献します。